9月6日の地震から三日後@札幌市

9月6日の地震で全道で停電。
この日は燃えるごみの収集日だったのですが、なんと収集に回っていました!!!!!びっくりですよ。まさか、全道停電中で地下鉄、JR、市電、路面バス全て運休だったのに職場まで通ったのかと思うと、黙々と作業をする方達の背中を見て涙が出る思いでした。
私の住む札幌市のとある場所は、19時頃に通電になりました。通電と同時に携帯電話の電波も復活しました。
9月9日日曜日現在、ガソリンの給油待ちの列が減ったと思ったらレギュラー、ハイオクは品切れだったり。一台20リットルの規制もあったり。
スーパーやコンビニでは、北海道産の野菜や魚、肉は店頭に並んでいるところもあり。工場で生産される豆腐や納豆等加工食品はどこも品切れが続いています。
ガソリンに余裕のある人は、少し郊外の野菜の直売所に買いに行ってる人もいます。
2019年には、今回の震源地厚真にあるのと同規模の発電所が石狩で稼働するそうなので、今回のようなブラックアウトはこれが最後だと思いたいです。
ただ、札幌市内にも関わらず満天の星空に天の川まで見れたのは不思議な体験でした。
大風で被災された大阪南部の方達の方が私なんかより被害が甚大なようです。必要な情報、物資が届き、1日も早く普段の生活に戻れますように。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする