今回の地震で

平成30年胆振東部地震

2018年9月6日(木) 午前3時頃に北海道胆振地方を震源とする地震がありました。亡くなった方のご冥福をお祈り致します。被害に遭われた方たちの一日の早い復興をお祈り申し上げます。
今回の停電で私個人的に便利だったものをご紹介します。
急な停電でしたが保管している場所が決まっているため慌てず取り出すことができました。
【個人的に便利だったもの】
■目次

山用ランプ
サランラップ
Twitter
今回の地震を振り返って
これから用意したいもの

■車

停電になったので、車のTVとカーラジオで情報を得られました。

また、スマホの充電もできました。

遠出する際に子どもにDVDを観せておくために買ったカーコンセントも役立ちました。

USBもついているのでコンセントが塞がってしまってもUSBで充電できる機器なら使用できます。BAL ( 大橋産業 ) カーコンセント DC12V車専用 定格出力:85W 黒 1748
BAL ( 大橋産業 ) カーコンセント DC12V車専用 定格出力:85W 黒 1748
目次にもどる

■山用ランプ

ブラックダイヤモンドのヘッドランプとランタンは単4電池使用です。

停電して直ぐに単1や単3が品切になりましたが、停電2日目でも単4電池は残っていたのには驚きました。

また、山用のため照度が高く、全道停電で足元が見えないくらいの暗闇でも遠くまで照らせるので周りが認識しやすいです。

ランプの光方も3タイプ程に切り替えできて、サーチライトのように遠くまで見えるモード、手元が見やすいように広く照らして電源ボタン長押しで照度の調整ができるモード、赤く点滅するSOSモードです。

キャンプ用品なら1,000円程からありますので、登山などしない人には防水性能もあるので高価な商品かもしれないですね。
ヘッドランプBlack Diamond (ブラックダイヤモンド) ストーム オクタン [並行輸入品]
Black Diamond (ブラックダイヤモンド) ストーム オクタン [並行輸入品]ランタン

Black Diamond(ブラックダイヤモンド) オービット BD81012 グラス
Black Diamond(ブラックダイヤモンド) オービット BD81012 グラス

目次にもどる

■サランラップ

断水したため、食器にラップを掛けて食器洗いをしなくて済むようにしました。

少ない水での食器洗いはシンクがかえって汚くなったので、ラップは重宝しました。
品質の良いラップをお勧めします。

薄くて直ぐにちぎれたり、上手く切れずに本体にくっついたりと、余計な手間とストレスを省く為です。

NEWクレラップ レギュラー 30cm×50m
NEWクレラップ レギュラー 30cm×50m

目次にもどる

■Twitter

公衆電話の無料通話、炊き出し等の情報が回ってきて助かりました。

デマ情報もかなり多く、電波状況が悪くなってからは情報が錯綜しました。

公衆電話には何度も通いましたので、家の周りの電話の場所を確認しておくのも大切だと思います。

公衆電話は避難指定場所の近くに一つはあるように思いました。

目次にもどる

■今回の地震を振り返って

  • 地震後は開店しない?

地震後は店員さんが出勤できないため、お店が開店しませんでした。

ドラッグストアには開店前から長蛇の列ができていましたが、結局開店できなかったお店もあるようです。

近所のイオンも、地震当日は開店しなかったように思います。

  • 停電中のお風呂?

私のいることろは停電と停電による断水だけでした。

給湯器が動かないため水風呂に入ったと言う人が多くいましたが、昔ながらの方法をご紹介します。

給湯器の無い時代は大きな鍋にお湯を沸かして水と割りながらタライで洗髪したと祖母から聞いていました。

その方法でシャンプーをしようと用意をしていたところ通電したのでそこまで至りませんでした。

  • 断水時の給水

日が昇って早い時間に公園でポリタンクで水を汲みに行きましたがその時は誰もいなくて気が引けました。

しかし、午後には長蛇の列ができていたので早めに行動ができて早めの行動が大切だなと思いました。

直圧は断水しなかったので給水所として水を提供している方たちが多くいましたが、散水栓のような外に水道のある方たちが協力していました。

  • 暖かい食事は?

私は札幌で、停電と断水だけで都市ガスは使えたため温かい食事を摂ることができました。

もともとアウトドア派で山中泊をするので、それに比べたらそんなに不便は感じませんでしたが場所によってはガスの安全装置が働いてガスが止まったご家庭もあるかもしれないですね。

カセットコンロとガス管があると安心ですね。

ガス管は1本20分程しかもたないそうなので予備がいくつかあると安心です。

  • ろうそくが便利。

ヘッドランプなどの電池を節約するためにろうそくが役立ちました。

山中泊で使用していたカメヤマロウソクで、昔のようにロウが残らないです。

ただ、ろうそく使用中に寝てしまい火事になった事故もありましたので注意が必要です。

目次にもどる

■これから用意したいもの

厳冬期の事を考えて、ガス缶の暖房は必要と夫との話し合いで決まりました。

一酸化炭素中毒の危険もありますのでその辺はしっかりと換気をしつつ、暖をとれる方法を確保しておきたいです。

また、この暖房があればキャンプやアウトドアにも使えそうです。

イワタニ カセットガスストーブ ポータブルタイプ マイ暖 CB-CGS-PTB

イワタニ カセットガスストーブ ポータブルタイプ マイ暖 CB-CGS-PTB

寝袋だけだと寒いので、シュラフカバーも検討中。

山をしない人はご存知ないかと思いますが、寝袋の熱が逃げないようにと寝袋が濡れるのを防いでくれるものです。

イスカ(ISUKA) ウェザーテック シュラフカバー スーパーライト ネイビーブルー 201621

イスカ(ISUKA) ウェザーテック シュラフカバー スーパーライト ネイビーブルー 201621http://www.isuka.co.jp/products/lineup/schlaf_item.php?sub=2

備えあれば憂いなし!災害はいつおきるか分かりませんので、必要な物が揃っていれば安心ですね。

目次にもどる

■まとめ■

停電にキャンプ用品が役に立った!
北国は厳冬期の備えも必要。