おたる水族館

こどもとお出掛け

2歳10か月児とおたる水族館

台風25号が温帯低気圧に変わり雨は午前中までの予報なので、突然水族館に行くことになりました。

天気が悪いと大抵どこも空いているので、チョロチョロと落ち着かない子どもを連れてのお出かけにちょうど良いと思い行ってきました。

実際に行ってみると、入り口から直ぐに猛ダッシュでどんどん奥へ奥へと駆け抜けてしまい、ゆっくり見れませんでしたがイルカショーは見れました。

チョロ助を連れてのお出かけに二の足を踏んでいる方のご参考になれば幸いです。

■目次

おたる水族館
色んな魚
海獣コーナー
イルカショー
イルカスタジアム地下
テーブル・イスがたくさん
その他

■おたる水族館

おたる水族館HP → https://otaru-aq.jp/

駐車場は無料ではなく、600円です。
入場料は大人1,400円、3歳以下無料です。

子ども連れが多いので、ベビーカーの貸し出しがありましたので、途中子どもが寝てしまっても助かりますね。

建物は古いですが、トイレや授乳室はキレイに内装されていてとても清潔で明るいスペースになっていました。

女子トイレ内のおむつ替え台。

靴置きや荷物が置ける棚があるのは助かりますね!2段目の棚にはバスタオルが入っていました。おむつを捨てるゴミ箱です。

目次にもどる

■色んな魚

入ってすぐにウミガメコーナーがありました。

3匹が底で寝ていましたが、その内1匹がシングル布団分ありそうな位とても巨大!!!!!

抱っこでカメを見ていた娘が下りたがり、ここから駆け抜けてしまってゆっくり見れませんでしたが、是非水族館で見てみてください。

その後にはエイやサメのいるコーナー、チョウザメコーナー、ピラルク等の南の魚コーナーなど、テレビでは見たことがある魚ですが実物があんなに巨大だとは思いませんでした。

私はスノーケリングをするのですが、あんな巨大な魚影を見つけたらびっくりして溺れそうです(*_*)

オオカミウオは寝る時に横になっていました(笑)

目次にもどる

■海獣コーナー

長い長い下り坂を降りていくと海に面した海獣コーナーがあります。

自然の海水を取り込んだプールになっているようです。

オットセイやオタリアより何倍も大きいトドのショーは、飛び込みの水しぶきが豪快でした。

体が大きいので鮭1匹を丸飲みしていました。

他にはペンギンやアザラシがいました。

出産プールや迷いアザラシの保護プールもありました。

おたる水族館の中で一番大きい動物、セイウチもいて立派な牙を持ったオス1頭、メス一頭とその子供1頭。

あんなに巨大なセイウチに海で遭遇したらパニックになりそうです。

おたる水族館PHより

長い長い下り坂を下りて来ましたが、帰りはエスカレーターがあるのでかなり楽です。

目次にもどる

■イルカショー

イルカスタジアムでアザラシ・オタリアショーと続いてイルカショーが行われます。

ショー開始ギリギリに会場に着くと既に満席で、水しぶきがかかると注意書きのあるベンチしか空いていませんでした。

前から2番目までは「水がかかりやすい、電気機器にご注意ください」とベンチに注意書きが張ってありましたが、実際には観客席前でアザラシが手を振った時に水滴がポツポツ飛んでくる程度でした。

イルカもステージに上がりますが、水しぶきを上げることなくとても滑らかに壇上するのでここでも水はかからず。

雄イルカ3頭のうち一番右側のイルカが他より大きくてダイナマイトボディですが着水が一番きれいでジャンプの水しぶきもかかりません。

バックフリップや様々なジャンプを披露してくれましたが、結局水しぶきはかからず、オタリアショーの水滴が飛んでくる程度でした。

目次にもどる

■イルカスタジアム地下

イルカスタジアム地下にはテーブルやロッキングチェアが置いてありました。
イルカショーの後、地下から水槽が見えるので泳ぐイルカを眺めました。

ショーが始まる前は誰も居ませんでしたが、終わった後はびっちり座っていて写真を撮るのもやっとでした。

目次にもどる

■テーブル・イスがたくさん

家族連れが多いからでしょうか、屋内や屋外にテーブル・イスがたくさん用意してありました。

外食はお金がかかるので、ピクニックを兼ねてお弁当持参の方が(母は大変ですが)安上がりで楽しい思い出ができますね。

天気が良ければ海が見えて気持ちのよさそうなテーブルですが、雨天のため誰もおらず。

画像右側の青い階段を上がると、レストラン「おたる三幸」です。

目次にもどる

■その他

おたる水族館とは関係ないですが、札幌から小樽まで高速道路ではなく5号線を通って行きました。

最後に小樽に行ってから数年たったのもあり、5号沿いには色んなお店ができていました。

知らない間にルーカレーのお店やラーメン店、アイスクリームショップ、クレープ・ワッフルのお店、イタリアン等々ゆっくり寄れる時間的余裕があれば全部回ってみたいです。

子どもが産まれてからのんびりドライブすることが無くて街の変化がとても新鮮でした。

忘れないうちにマップで確認して気になるお店のリストを作っておこうと思います。

目次にもどる

■まとめ■

イスカショーの水しぶきは、水滴がポツポツと飛んでくる程度だった!
お弁当を持参で食べるところがたくさんあります。