コールマン タフスクリーン2ルームハウス+ 2018

コールマン タフスクリーン2ルームハウス+ 2018

家族でキャンプするにあたり、テントの購入に試行錯誤しました。

もともと山岳会で山用の小さいテントでの山中泊に慣れてしまっていたため、大きいテントの購入は考えていませんでした。

最初は山用テントを選ぶ感覚で小さいテントを購入したのですが、人里の広いキャンプ場で快適な居住空間を求めると広いテントが欲しくなったり出会ったのがコールマン・タフスクリーン2ルームハウスプラス+でした。

実際に使用してみた感想をご報告しますので、どなたかのご参考になれば幸いです。

■目次

初めてのテントはスノーピーク・アメニティドームS
スノーピーク・エントリーパックTT
コールマン タフスクリーン2ルームハウス+との出会い
タフスクリーン2ルームハウス+
設営と撤収の動画
使用感

■初めてのテントはスノーピーク・アメニティドームS

山岳会では小さいテントの中でギュウギュウで過ごしたので、テント=最低限と思い込んでいました。

去年、スノーピークのアメニティドームSを購入したのですが、山中泊には適していますがオートキャンプには不向きでした。

室内は寝袋でいっぱいになり、荷室はバッグを置くと余裕がなくなり、高さも無いため靴の脱ぎ履きも中腰になります。

タープがあれば快適でしょうが、当時我が家にはタープがなかったためオートキャンプ場で山中泊のようなキャンプになってしまいました。

大きいテントの全室で椅子やテーブルを並べてスペースに余裕のある空間が羨ましくなりました。
スノーピーク(snow peak) テント アメニティドームS [3人用]

スノーピーク(snow peak) テント アメニティドームS [3人用]

目次にもどる

■スノーピーク・エントリーパックTT

アメニティドームMを購入しようかと悩んでいたときに、アウトドアショップの店頭でビギナー用のエントリーパックTTというタープセットが売り出されていました。

スノーピーク(snow peak) テント&タープ エントリーパック TT SET-250
スノーピーク(snow peak) テント&タープ エントリーパック TT SET-250

テントのサイズは、アメニティドームのSとMの中間位。

テントはSより大きめでタープ付、スノーピークなのに49,800円(税別)とかなり魅力的な商品!!!!

タープはカッコイイけど、虫や蚊が防げないと思うとなかなか踏ん切りが付きませんでした。

目次にもどる

■コールマン タフスクリーン2ルームハウス+との出会い

タープは虫が入ってくるのでスクリーンタープにしようかと悩んでいると、コールマンのタフスクリーン2ルームハウス+も展示されていて、前室が広々でスクリーンタープ型!

色々と説明を聞いて秀岳荘セールで15%OFFなのも購入の決め手になりました。

夫はスノーピークのタープにとても魅かれていましたが、店員さんの話では男性はタープが好きで女性は虫が入らないシェードを好むそうです。

夏場のキャンプは大きい羽虫がたくさんいるのでタープはキツイなと思っていたので、夫婦の意見が一致してコールマンに決まりました。

目次にもどる

■タフスクリーン2ルームハウス+

https://ec.coleman.co.jp/item/IS00060N07399.htmlコールマン公式サイトより。

★2018年新商品★

日光を90%ブロックし温度上昇を抑えてぐっすり睡眠
たてやすくワイドなリビングを備えた2ルームテント

■必要に応じて、室内に光を取り入れることができるサイドウィンドウ
■上下の通気口によって室内の空気循環を促すサークルベンチレーション
■1人でも建てられるアシスト機能付き
■強風でもびくともしないアルミ合金製メインポール
■リビング側には、光の透過を防ぎ温度上昇を軽減する遮光PUコーティング採用
●耐水圧:寝室側:約3,000mm リビング側:約2,000mm(フロア:約2,000mm)
●定員:4~5人用
●インナーサイズ:約320×230×170(h)cm
●収納時サイズ:約φ30×74cm ●重量:約17.5kg
●材質:フライ/75Dポリエステルタフタ(ダークルーム™ テクノロジー、遮光PUコーティング、UVPRO、PU防水、シームシール) インナー/68Dポリエステルタフタ(撥水加工) フロア/210Dポリエステルオックス(PU防水、シームシール) ポール/(メイン)アルミ合金 約φ16mm(ミドル)アルミ合金 約φ13mm(リア)アルミ合金 約φ13mm(リッジ)アルミ合金 約φ11mm(キャノピー)スチール 約φ19mm 長さ約180cm
●仕様:前室、キャノピー、メッシュドア、ベンチレーション、メッシュポケット、コード引き出し口、ストームガード、サイドウインドウ
●付属品:キャノピーポールX 2、ペグ、ロープ、ハンマー、収納ケース

目次にもどる

■設営と撤収の動画

YouTubeに、設営と撤収の動画があるので予め近所の公園で予習をしてから挑みましたが、実際に組み立てるのは難しく一時間以上かかりました💦

動画のように綺麗に畳めなくて収納バッグのファスナーが閉まらない(笑)

これは慣れるまで皆そうですよね。回数を重ねて慣れるしかない!

説明書を見ても難しいので、動画があるととても助かりました。

目次にもどる

■使用感

実際に使ってみると、立っても圧迫感が無い前室はいいですね❤

ダークテクノロジーで光を遮るため、朝日で眩しくて目が覚めたり暑くならずに快適でした。

オートキャンプ場では外灯がまぶしい所でも遮光が効く為場所を選ばず設営できます!

北海道でも朝からとても暑い日でしたが、ベンチレーションがたくさんあり風通しも良かったし、遮光なので涼しく過ごせました。

付属のプラスチックのペグは、下地によっては一度の使用で歪んで使えなくなってしまいます。

ホームセンター等で金属製のに買い替える必要がありそうです。

また、付属のプラスチックハンマーも弱くてペグを打ち込めない為、工具のハンマーを持参した方が打ち込みやすいです。

本体や快適性はとても満足なんで、またキャンプに行きたいです。

次は秋頃に行けると良いですが、その時には焚き火もできればと思っています。

目次にもどる

■まとめ■

遮光はバッチリ!日の出の早いシーズンはぐっすり眠れます。
付属のプラスチックペグやハンマーは弱いので金属製に買いなおす必要がありあそう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする